耳を大事にするお話 〜 鼻をかむ | 聴覚にまつわる音のお話
<< 冬季休業のお知らせ | main | 耳を大事にするお話 〜 ストレスと難聴 >>

耳を大事にするお話 〜 鼻をかむ

 集音器メーカーのアドフォクスです。
春の気配を感じ始める今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

アドフォクスのある東京都青梅市では水仙の花が咲き始めました。

水仙の花
(写真) 水仙の花

その一方でスギ花粉も飛び始めてしまい、ここに来てマスク姿の方が増えてきました。
花が咲くのは嬉しいけれど、鼻水がたれるのは嬉しくない。
そんな悩ましい季節が到来しました。


さて、今回は耳を大事にするお話をします。

鼻水は寒いときや花粉の季節に多く出ます。
鼻水は体内の異物を外に出すのが目的なので、鼻をすするのではなく、鼻をかんで体の外に出した方が良いです。

ただし、この鼻をかむときに注意して頂きたいことがあります。

ティッシュ
(写真) 耳を大事にするティッシュの使い方

鼻は片方ずつ優しくかんで頂きたいのです。
逆に言うと、「ビイーッ!」と強くかむのは避けて頂きたいのです。

鼻を強くかんだときに、耳の鼓膜に圧力を感じた経験は無いでしょうか?
これは鼻と耳が繋がっている為に、耳の奥にも空気が入ってしまったからです。
耳の奥に入った空気は鼓膜を圧迫します。また、空気と一緒に鼻水などが入ってしまうと耳の奥で炎症などを起こす原因にもなり、良い事がありません。


それからもう一つ、ウガイの際に喉から鼻に水を通して鼻の掃除をされる方が居ますが、これは止めて頂きたいのです。
この掃除方法が原因で耳の奥に水が溜まってしまう方が結構いらっしゃいます。

蛇口
(写真) 水を喉から鼻に通すのは止めて下さい

もし耳に異常を抱えてしまったと感じた場合には、早めに耳鼻科に行って見てもらうようにして下さい。


耳が健康な方が増えると当社では集音器が売れなくなってしまいますが、そんな耳が良い方には立体的に音を録音できる当社のバイノーラルマイクBME-200で、録音を楽しんで頂ければと思います。
そして耳が遠くなったけど音を楽しみたいという方には、無料試聴が出来る集音器を用意してございます。しっかりと他社さんと比較してみて頂ければと思います。

最後はしっかりと宣伝させて頂きました。
今後とも当社製品をよろしくお願い致します。






JUGEMテーマ:健康

at 11:28, adphox blog team, 健康

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://blog.adphox.com/trackback/65