SONY PCM-D1とadphox BME-200の接続について | 聴覚にまつわる音のお話
<< まちゼミ「耳の健康について、家族みんなのお話」終了 | main | ヘッドホン型集音器np505のコマーシャル動画 >>

SONY PCM-D1とadphox BME-200の接続について

本日、お電話にてソニーさんのリニアPCMレコーダーPCM-D1と当社アドフォクスのバイノーラルマイクBME-200を接続した場合について問い合わせがありました。

すっかり忘れていた為にその場で適切な回答が出来ず、この場を借りて替わりにフォローさせて頂きます。



ソニーさんのPCM-D1はプラグインパワーに対応していないので、そのままではBME-200を接続できません。
(PCM-D1取扱説明書P29より)

AT-MA2と006P
(写真) AT-MA2は9V電池で駆動させると持ち歩き出来ます。(ただしメーカー保障外)

PCM-D1に接続するにはプラグインパワーを供給する電源が必要になります。
手軽なところではaudiotechnicaさんのAT-MA2といったマイクアンプが販売されており、こちらを利用するのが手軽です。


(8/6 10:00追加)
回路を自作できる方の場合には、こちらの回路図を参考にしてみて下さい。
プラグインパワー電源回路図
(元画像のサイズは512×341。回路図をダウンロードする方は、右クリックのコピーでペイントに貼り付けるなどしてご使用下さい)





 JUGEMテーマ:
映像制作


at 16:25, adphox blog team, ビデオ撮影

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://blog.adphox.com/trackback/80